喪主側が参列者を招待する葬儀、それが家族葬

これからの定番?家族葬のいいところと注意点

>

家族葬に対する認識の盲点

費用について

家族葬は少人数で行われるため、葬儀費用の負担が軽くなると考えられがちですが、香典をお断りする形が多いので、費用は抑えられても負担が大きくなることもあります。
個人または家族の想いを反映させやすい家族葬では、独自にコーディネートされることから費用の予測があいまいで、追加料金が発生することによるトラブルも多いようです。業者との話し合いでは、具体的に話を詰め、あいまいな部分を事前に無くす努力をしましょう。あいまいな部分をなくそうと努力しない業者は避けた方が無難とされています。

まず、親戚から家族葬で行うことの了承をとり、家族、そして業者間できちんとした取り決めを行うことが、トラブルを未然に防ぐ方法と考えられます。

家族葬は前後が大切

家族葬では、葬儀が終わってから参列を控えていただいた方々への連絡を取ることとなります。
家族葬のため、連絡が遅れたことを詫び、無事に執り行われたことを報告するわけですが、知らせを聞いて弔問に訪れる方も少なくありません。ですから、事後の連絡は49日の過ぎた後、対応できる準備が整ってからにするのがいいでしょう。

葬儀後の連絡のあとの対応が大変だという声もよく聞かれます。故人の交際が広かったり、周りから慕われていた場合は、家族葬は向いていないと考えた方がよいでしょう。

家族葬は、すべてを家族でまかなうという意味ではないのですから、相談できる業者をあらかじめ持っておくことが有効な選択肢であるといえるのではないでしょうか。


このTOPICSをシェアする