喪主側が参列者を招待する葬儀、それが家族葬

これからの定番?家族葬のいいところと注意点

>

誰に知らせて、誰を呼ぶのか

呼ばない人には連絡を控える

最も多く起こりやすいことは、「なぜ知らせてくれなかったんだ」と、連絡をしなかった親族などからあとで言われるパターンです。
「故人の希望により」と、連絡をしながらも「参列を控えてくれ」と伝えるのはなかなか気の進むことではありません。

家族葬は、喪主側が参列をお願いする人を決めることになっていますが、概念が新しいためおおよその呼ぶ範囲が確定していないのも現実です。また、家族または個人の希望をより重視することが目的ですので、今後家族葬のジャンル分けが進む可能性も考えられます。
今は、それがない段階ですので、きちんと方針を決め、ある程度の整合性を見いだせるルールに基づいて参列をお願いする方にのみ連絡をするというのが妥当かと思われます。

ルールを周知徹底させる

呼ばれていなくても、聞きつけて来られる方もいらっしゃいます。
そんな方を門前払いにするわけにもいきませんので、焼香なとしていただくことになります。
家族葬では、香典などをお断りすることが多いので、家族葬であるために連絡を控えたことを知らせると同時に、今葬儀のルールをきちんと伝える必要があります。
また、参列を依頼するときも、必ず家族葬であることを伝え香典はお断りしている旨なども伝えましょう。相手が家族葬であることを把握していない場合、その方から多くの方へ訃報が伝わってしまうことも考えられます。

不測の事態は起きるものですから、家族の中でキチンと打ち合わせをして徹底させることがトラブルを防ぐポイントとなります。また、葬儀会社との間でも、齟齬のないよう話し合っておきましょう。


このTOPICSをシェアする