喪主側が参列者を招待する葬儀、それが家族葬

これからの定番?家族葬のいいところと注意点

>

お葬式という儀式そのものが見直され始めている

家族葬とは

「家族葬」と「密葬」が混同されることが多いようです。
内々の特に親しい方の参列をイメージしたものかと思われますが、密葬は、参列者が多くなることが予測され、会場の手配など早急に手配が難しいと思われるなどの理由により、そのあとに改めて告別式を行うことが前提にあり、葬儀の形態ではなく、流れの中の一つと考えられます。
家族葬が、他の葬儀と大きく区別される点は、喪主が参列者を選ぶという点にあります。
したがって、特別な関係であると思われる血縁でない方の参列もあり得るということです。
おおむね少人数になる傾向があるとはいえ、その参列者の数にも大きく開きが生まれます。
家族葬が増加傾向にある理由には、事前に参列する人数が把握できるという点にあると考えられています。

人間関係の濃度

葬儀に関する意識の変化だけではなく、人とのかかわり方そのものに変化が見られるように思われます。
家族葬を選択する理由は、近くに住む、あまり交流のない人に参列を控えてもらい、お互いに余計な負担をかけないようにと考えてのことようです。
お互いの経済的な負担もさることながら、近隣との関係が希薄になった昨今、お互いの気苦労を考えてのことでしょう。
それほどの付き合いでもないのに、わざわざ面倒をかける。特に親しくもない人がいては親族が気を使う。
このような時代の変化に伴うお葬式に対する認識の違いではないかと推察されます。
近所付き合いが濃密であれば、家族が減ったことをいち早く知らせる必要がありますが、それほどの関心もないお互いであれば、知らせないことによる不都合の方が少ないのかもしれません。


このTOPICSをシェアする